大正時代

pe06_i1.gif

大正時代

昭和時代・戦前

昭和時代・戦後

pe06_i3.gif

昭和時代・戦後

昭和時代 戦前

昭和5(1930)年 建築代願人規則発令され、第1回建築代願人試験が行われました。
下谷(上野・坂本・谷中支部)建築代願人組合(各警察署単位)設立。
  
昭和11(1936)年 東京建築代願人組合連合会が結成。
  
昭和16(1941)年 12月8日太平洋戦争が始まり、昭和20年8月天皇終戦の詔勅の間ありました。
空襲被害調査を行い、補修除脚の表示を区役所から依頼される。
  
昭和18(1943)年 第1回建築代理士試験実施、東京建築代願人組合認可。
同年7月 「東京建築代理士会」に名称変更。
浅草支部 組合長:島田留吉 
       副組合長:平野千代蔵 吉野寛一 中村藤代次
       幹事:酒井烝太郎 安藤久造 木村八郎
           大熊才市郎 塩原光男
       会計:北川隆一郎 田村初太郎 書記:加藤大助
下谷支部 支部長:中山勝太郎 
       副支部長:横井武治 木村清兵衛 福田久吉

 

 

image.gif

旧浅草区役所

image1.gif

旧下谷区役所


u008ani.gif

東京大空襲